So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

鳥取すごい!ライド2017 その4 [鳥取すごい!ライド]

前回は鳥取すごい!ライドの第2区間、
AS2の田後漁港までやってきました。

鳥取で見る日本海海岸はとても美しく、
素敵な海岸でした。
日本海沿いに山口県から青森県まで走ってみたくなります。


第3区間

第3エイドの旧小田小学校までは約23km。
これまでの第1・第2区間より10kmほど長いです。

ちなみに旧小田小学校がスタートから50kmらしいので、
ちょうど半分の道程を走ったことになります。


出発

田後漁港から出発します。


DSC03474.JPG
多くの漁船が停泊しています。
漁船ってなんで格好いいんでしょうね。
大事な仕事の道具だからでしょうか。


A6_00315.JPG
少し走ったところのビーチで、
ビーチバレーをしていました。
何かのイベントだったのかもしれません。
ゲストライダーの山本隆弘さんは、
ここでプレーして元全日本バレーボール代表の力を見せつけたりしなかったんでしょうか。



DSC03606.JPG
ちょっとした住宅地を抜け、
軽く上り坂を上るとそこには羽尾坂トンネルがあります。
軽い上り坂とは言うものの、
気温がかなり上がってきていて、
日陰となるトンネルがかなりありがたくなってきました。

交通量が多い場合はトンネル内は排気ガスで気持ち悪くなりますが、
ここはそんなに交通量が多くないので気になりません。
ひんやりとした、ちょうどよい休息所。




A6_00329.JPG
トンネルを抜けて下るとまたビーチでした。
今度は羽尾海水浴場。
今回はビーチが多いなあと思っていましたが、
よく考えたら夏だからビーチの存在に気付けるだけっぽいですね。

春や秋に海沿いを走っても、
砂浜があるだけでそこで水遊びしている人がいません。
夏だからこそ、人が多くいることで、
そこがビーチだと気づけるのです。
こんな真夏に走ることはあまりないですからね。

人がいるからそこがビーチだと気づくことができる、
そんな単純なことに気づいた鳥取ライド。


A6_00333.JPG
日本海側は多彩な顔を持っているので、
見ていて飽きません、


DSC03658.JPG
微妙に高いところから見下ろす風景なんて、
とてもきれいです。


A6_00337.JPG
これだけでも鳥取まで来た甲斐があります。
鳥取砂丘は中途半端に見るだけになりましたが、
日本海は素晴らしい。



A6_00343.JPG
今度は東浜海水浴場。
今年の夏は雨が多く、
夏らしい日が少なかったですから、
この日の「夏らしい夏の日」を待ちわびた人も多かったことでしょう。



A6_00359.JPG
少し上ったところの東浜駅に到着です。
急におしゃれな建築物が出現してきてびっくりしました。
右手の屋根の部分、
上を向くと鏡になっています。
下に寝転んで写真を撮るのが流行っているらしいです。
インスタ映えってやつですかね。

もちろん私もやってみましたが、
どうもピンボケ写真しか取れませんでした。


あと、
おそらくここに、
カメラのレンズキャップを置いたまま出発してしまいました。
気づいた時には時すでに遅し。
ソニーの55mmのレンズキャップが落ちていたら私のです・・・。



暑さとの闘い

次第に気温が上がってきて、
平地でもきついくらいになってきました。

日が昇ってくると日陰も少なくなるので大変です。



DSC03824.JPG
ちょっとした小道を走るのが多い、鳥取すごいライド。
ここも民家が多い中を走ります。
太陽が左にあれば日陰になったろうに・・・

とか思いながら走っている時間帯です。



DSC03840.JPG
東浜居組道路の高架です。
ずいぶん歪んで見えますが、
それはアクションカムの端に写っているから。

ここから田河内トンネルまで約100m上ります。
この辺りから鳥取すごい!ライドのミドルコースの難所が始まります。


DSC03875.JPG
緑に包まれた優雅な時間ですが、
時刻はすでに10時ごろ。
気温も上がっていて、
実際は暑くてたまりません。

上りは速度が出ないので、なおのこと。
見晴らしはよいのですが日陰も少なく、
それもまた参加者たちを苦しめます。


熱中症対策に、塩タブレットを持ってきたのはいいものの、
賞味期限が2か月ほど切れていました。
まあ問題ないとは思いますが、
どこか気になってしまいます。
もう1日早く気づいていれば、
新しい袋を買っていたんですが。

気温の上昇とともにドリンクも暖かくなっていて、
飲んでもどこか気持ちよくないです。


DSC03946.JPG
たまにある日陰でゆっくりと走って回復を図ります。
それにしても、日向と日陰で快適さが雲泥の差。
体力はあるのに、
暑さで体が動かないんですね。


DSC04006.JPG
ようやく田河内トンネルまできました。
まずは第1難関突破。




DSC04049.JPG
あれだけ苦労したものの、
100m程度の峠なので下りはあっという間。
気づいたら平地まで戻っていました。
鳥取すごい!ライドは沿道で声援を送ってくださる方が多く、
とても楽しかったです。



DSC04065.JPG
岩井温泉の街並みを通ります。



DSC04093.JPG
街は大きくはなく、
すぐにいわゆる田舎の風景になりました。
和やかな気分になります。



DSC04134.JPG
本当にここがコースなのか?と不安になるくらいに細い道。
この細い道に入ってからは一本道なので間違えようはないのですが、
それでも少し不安になります。



A6_00361.JPG
右手にはきれいな川が流れていて、
麦わら帽子をかぶった小学生が蝉やカブトムシを捕まえていそうな風景。
この日は暑すぎたのか、
外を歩いている人はいませんでした。



DSC04268.JPG
そしてもう一度長い坂です。
今度の峠が鳥取すごい!ライドのミドルコース最高到達点。
と言っても170mほどなので、
気温さえ普通ならばそれほど難易度が高いわけではありません。

気温が高いので、
それはそれは苦しい峠でしたが、
なんとか乗り切りました。


DSC04394.JPG
平地まで下りてきました。
暑いとはいえ、平地は風を浴びれるので、
かなり上りよりも数段楽になります。
見晴らしもよく、快適ですね。

こういう場所では、天気が良くてよかったなとしみじみ思います。

この前日の土曜日は、
関東は嵐になっていて大変だったようですから、
そういう意味でも鳥取に来ていてよかったと思います。


DSC04428.JPG
気づいたら第3ASに到着していました。
旧小田小学校です。

Google先生に聞いてみても、
旧小田小学校ってなかなか場所がわからないんですよね。

今は、「小田地区みんなの広場」という名前になっているようです。
「小田地区みんなの広場」で検索した方がわかりやすい。



旧小田小学校

いやいや、暑い中お疲れさまでした。


DSC04441.JPG
小学校の運動場だったと思われる広場は、
芝生で覆われていました。
贅沢ですね。

気温が上がらなくて助かります。


A6_00374.JPG
このエイドは何と言ってもスイカ。
冷たいスイカなのです。

暑い中の水分補給に、
ちょっとした清涼剤にぴったりです。
ちょっと塩分が足りなさそうなので、
気は進まないものの持ってきていた塩タブレットを補給しました。

スイカの甘さは十分だったので、
塩をかけて甘くする必要はないのです。
単純に塩分補給の意味で塩が欲しかったなと思います。

とはいえ、おいしかったのでいっぱいいただいてしまいました。
夏のスイカはやっぱりいいもんですね。


次回

次は第4区間の約15km。
滝山公民館を目指します。
ここも長い上りがあるので気が抜けません。

次回に続きます。

スポンサーリンク



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。