So-net無料ブログ作成

TANTANロングライド 前日受付編 [TANTANロングライド]

前回は天橋立を渡った先を観光しました。
今回はついにTANTANロングライドの前日受付。
ようやく自転車の話題に戻りそうです。

ロングライド当日の様子はこちらからどうぞ。

***** TANTANロングライド 2015 目次 *****
その0 参加報告
その1 AS1 岡田小学校へ向かう
その2 AS1 岡田小学校まで
その3 AS2 私市円山古墳公園駐車場
その4 AS3 酒呑童子の里
その5 AS4 野田川わーくぱる
その6 AS5 道の駅「てんきてんき丹後」
その7 AS6 伊根町役場
その8 ゴールとまとめ





受付


会場は天橋立駐車場です。
さっさと受付を済ませてもいいのですが、
13:00を回ってお腹がすいてきたので、
先にお昼ごはんを食べていくことにしました。





はしだて茶屋


この辺りで有名なのはあさり丼らしいのですが、
その中でははしだて茶屋がネット検索では有名なようです。
はしだて茶屋は、天橋立の青い欄干の橋をわたってすぐのところにあるお店。

さっき通ったところだ!

ならば戻るしかありませんね。

DSC_0993.jpg
もう一度天橋立に戻っていくと、
またも廻旋橋が回転し始めました。
2回も見れるなんてついてますね。


DSC_1000.jpg
DSC_1002.jpg
さて、はしだて茶屋に到着ですが、
入ってすぐのところに、
TANTANロングライド参加者は割引のお店と書いてありました。
割引券はロングライド受付でもらえるらしいのです。


ならば、先に受付を済ませてまた来ましょうか。


と言うわけで天橋立駐車場に向かいます。

DSC_1010.jpg
しかし、運がいいのか悪いのか、
またしても廻旋橋が回っています。
3回目。
まあ、天橋立側の岸にいるのは初なので、
これはこれでいい体験ですね。

DSC_1015.jpg
橋が再び通れる状態になるのを待って、会場へ。





大会前日の会場


ようやく会場へやってきました。

DSC_1021.jpg
スタートゲートを見ると雰囲気が出てきますね。
餃子の王将がこれでもかとノボリを建てていて少しなごみます。


DSC_1023.jpg
餃子の王将が出展もしています。
今思えば、このときに食べておけばよかったのですが、
このときはどちらかというとあさり丼を食べたかったので、
王将は翌日の完走後に取っておいたのが運の尽き。

先日お伝えした通り、
私がゴールしたときにはすでにラーメン完売でした。
私にとっての餃子の王将は、ラーメン+餃子なので、
どちらかだけでは駄目なのですよ。

この日は、そんなことになるとはつゆ知らず、
あさり丼を選択していました。

と言って、翌日の大会後にあさり丼を食べるほど移動する元気も時間もなかったので、
結局どちらかは食べれない運命だったのですけどね。


DSC_1027.jpg
京都府広報監の「まゆまろ」です。
広報監って何なんでしょ。
京都府公認ゆるキャラなんでしょうか。
公式サイトを見ても素性がよく分かりません。


DSC_1030.jpg
こちらは、天橋立ビューランドのキャラクター、ビューくんとランちゃんです。
他に、ガラシャちゃんやたぁくんなどもいて、
さながらゆるキャラ祭りでした。

DSC_1031.jpg
プリンセス天橋立とビューくん、ランちゃん。
調べてみると、プリンセス天橋立は3人いるみたいですが、
TANTANロングライドに来ていたのは2人だったようですね。




はしだて茶屋


さて、受付はさっさと済ませて、
空腹を満たさなければ。
あさり丼を食べなければ。


DSC_1045.jpg
再度の到着。
天橋立を渡ったときも含めると、
この日3度目のはしだて茶屋です。


あさり丼は写真で見るよりもアサリが多く、食べ応え十分。
とてもおいしかったです。
京都というイメージにとらわれていましたが、
よく考えたらここは日本海に面しているんですよね。
そりゃ海産物がおいしいはずです。
あさり丼オススメですね。


そんなあさり丼ですが、写真は撮り忘れ。

と言うより、あまり料理の写真を撮るのはどうかと思ってしまい、
この日は撮らない気分でした。
元々賑やかなところだったり、
極端にお客さんが少なかったり、
なんとなく撮りたい気分になってたりするときは撮るのですが。




宮津温泉 茶六本館


観光を終え、
受付を終え、
天橋立名物も食べ、
ちょっと早いですが宿へ向かいましょう。




丹後鉄道


天橋立駅へ向かいます。
しかし、



DSC_1049.jpg
大きな船が私の行く手を阻みます。

DSC_1051.jpg
そう、本日4回目の廻旋橋。
もういいのに・・・。


DSC_1063.jpg
駅まで戻りました。

次の普通列車は1時間後、
特急列車なら20分後くらいでしたがすでに座席無し。
こりゃ困ったと思ってバスとかタクシーでの料金などを色々調べていました。

しかしなんと、
特急列車は2両編成で、前の車両だけ特急料金、
後ろの車両は普通電車らしいのです。
特急あかまつという、定員予約制の車両らしいのです。
時間短縮のための特急ではなく、
景色を楽しむための優雅なたびを楽しむ列車ということのようです。


DSC_1076.jpg
DSC_1070.jpg
あかまつと言うだけあって赤い車両。
(あおまつは青い車両らしいです。くろまつもあるらしい・・・)
次にきたときは乗ってみたいなあ。

この日はもう定員オーバーしていたので、
後ろに接続されている普通列車で宮津駅まで。



宮津


宮津駅は丹後鉄道の宮津線が通っていて、
かつ宮福線の起点ともなる主要駅です。

DSC_1079.jpg
到着しました。

駅から宿までは1km弱。
のんびり歩いていきましょう。


DSC_1082.jpg
なかなか景色がたまにありますが、
ほとんどは普通の住宅街。


DSC_1092.jpg
というわけで歩くこと15分ほどで到着しました。
宮津温泉 茶六本館です。

TANTANロングライドの会場である天橋立駐車場まで3kmほどですから、
当日に自走して行くにも近くて楽ですね。

自転車は事前にこちらへ送ってよいかお聞きして、
許可を頂いたのちに配送済み。
一旦組み立てて、試走してみますが特に問題なさそうです。

茶六本館さんには大変お世話になりました。
特に当日は、ロングライドに不要な荷物を、
ロングライド後の18:00ごろまで預かっていただきました。
会場までの自走でOS-500と追加のアルミフロントホイールを運ぶのは、
少々困難だと思ったのでとても助かりました。

屋根のあるガレージ(駐車場?)をロングライド参加者の自転車置き場として下さったり、
他にも色々とご協力いただけてとても感謝しています。
有形文化財として登録されている建物も素敵ですし、
旅館の方々もいい方ばかりでとても素晴らしい時間が過ごせました。





この日はこのまま晩御飯を食べて、
翌日の食料を買いに出かけて、
帰ってきてお風呂入ってすぐに就寝。
それでも結構遅い時間になってしまいましたが、
無事にTANTANロングライドに参加できました。
(その様子はこちらから)

さて次回はTANTANロングライド後の帰路編。
帰路は疲れててあまり写真が無いので、
非情に短いレポートになります。

スポンサーリンク



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。