So-net無料ブログ作成
検索選択

小型プロペラ機で奄美の空を楽しむ3日間 その1 [ポタリングレポート]

今年の初めに、
JGC会員取得もしたいなんて考えていましたが、
行動に起こすことにしました。

1~12月の間に50回搭乗で取得することを目指します。

と言っても、50回も乗るのは大変なので、
少し安易な搭乗方針を取ります。
JALPAKの

小型プロペラ機で奄美の空を楽しむ3日間

が、その安易な方法なのです。


離島めぐり

この小型プロペラ機で奄美の空を楽しむ3日間は、JALPAK公式ツアー。

通常の離島観光旅行とは異なり、本ツアーは航空機への多回数搭乗(フライトを楽しむ事)を主旨としておりますので、各島での観光時間は設けておりません。


と書いてある通り、
ただただ飛行機を乗り換えていスタイルです。
完全にJGCの50回搭乗を目指す方向けのツアーと言っていいでしょう。
私は2泊3日で16搭乗のツアーにしましたが、
同じ16搭乗で1泊2日のツアーもあります。



作戦

1泊2日は鹿児島空港近辺での宿泊になりますが、
2泊3日の場合は少しだけ島で過ごす時間が作れます。

今回は、初日の宿泊は喜界島、
2日目は奄美大島です。

奄美大島は、2014年に奄美大島チャレンジサイクリング240Kでほぼ一周したので、
今回は喜界島に照準を合わせます。

と言っても、喜界島へ行くのは初日の最終フライト。
6フライト目です。
その間ずっと自転車を運ぶわけにはいかないので、
事前にホテルの了承を得て、喜界第一ホテルへ自転車を送っておきました。
サイクリングタッグヤマト便は喜界島などの離島でも、
県単位での料金だけで計算してくれるのでうれしいです。

今、巷をにぎわしている、料金値上げはヤマト便料金にも影響するのでしょうか。






初日

初日は6フライト。
羽田~鹿児島~奄美大島~与論~沖永良部~奄美大島~喜界島です。


day1.jpg
地図にすると多少わかりやすくなるかと期待したのですが、
奄美大島~沖永良部島~与論島がほぼ直線上に並んでしまうので、
わかりにくいですね。

ちなみに、奄美大島~喜界島間は、
JALの路線の中で最短距離だそうです。


6フライト

羽田~鹿児島間を含む6フライトはきついかと思いましたが、
全然そんなことはありませんでした。
島の風景が好きなのと、
飛行機に乗ること自体が好きな私にはまさにうってつけのツアーです。


A6_05977.JPG
6フライトを終え、喜界島に到着するのが16:30ごろ。
ホテルへの移動や準備、
日没までの時間などを考えると、
サイクリングを楽しめそうなのは約2時間くらいでしょうか。

喜界島は一周が役40kmなので、
なんとかなるはずです。


次回

というわけで、フライトの様子は後回しにして、
先に喜界島一周の様子からレポートします。

次回に続きます。

スポンサーリンク



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。