So-net無料ブログ作成
検索選択

SRAM RED eTAP 2 シフター編 [自転車部品探訪]

買ってしまったSRAM RED eTAPですが、
なんだかんだで組み付けに取り掛かるまでに時間がかかりました。

単に仕事が忙しかった為であって、
eTapへの情熱が下がったからとかそういうわけではありません。

購入した時はまだ円高だったので、
結構安く購入することが出来たころです。

購入報告に終わった前回に続き、
今回はシフター編です。


開梱

セットで購入したので、
ワイヤレス電動コンポの最小セットが一つの箱に入っています。

無駄に豪華ですが、
これも最高コンポのなせる業でしょうか。


取り出す

A6_05035.JPG
中身は6つの箱に分かれていて、
・デュアルコントロールレバー左
・デュアルコントロールレバー右
・フロントディレーラー
・リアディレーラー
・充電器
・アップデート用USBスティック
で6箱です。

クランクやスプロケはシマノを流用するので、
今回は変速機のみのセットです。


A6_05037.JPG
箱の底にはブレーキケーブルが入っています。
二つ入っていますが、
もちろんシフトケーブルは入っていません。
ワイヤレスですから。


シフター

シマノならSTI、つまりShimano Total Integration、
カンパニョーロならエルゴレバー、
SRAMならダブルタップ。
そう呼ばれることが多いのですが、
eTapはダブルタップ式ではなくなったので、
何と呼んでいいのか分かりません。


デュアルコントロールレバー

とりあえず、一般名称のデュアルコントロールレバーとしておきます。
そのうち何かが定着してくるのでしょうか。
eTapレバー、とか。

eTapレバーだと、略してeTapになりそうですが、それだと困ったことになります。
eTapと言った時に、
レバー単体を指しているのか
ワイヤレスコンポ全体を指しているのか分からなくなってしまうのが面倒です。




A6_05038.JPG
外箱。
緊張の一瞬です。



A6_05039.JPG
なかなか贅沢な余白のある箱です。
頑張れば1箱に左右とも入ったようにも思いますし、
そもそももう少し大きな箱にすればよかったのではなかろうかとも思います。
高級感を出したいのでしょうが、
このせいで無駄に高くなっているのだとしたら残念です。

箱なんてどうせ捨てるでしょうに。

・・・といいつつまだ一応残していますが。



A6_05040.JPG
意外と太目です。
レバーが長く感じます。


A6_05041.JPG
大レバーはブレーキ専用で、
内側の小レバーが変則様です。
裏には
小レバーの裏には、
ペアリング用のボタンとLEDがあります。
LEDの点灯・点滅でペアリングの状態などが分かります。



ケーブル

A6_05055.JPG
ついでにブレーキケーブルのパッケージ写真も載せておきましょう。
2つに分かれています。


A6_05071.JPG
なぜか、

・インナーケーブル1本
・インナーケーブル1本とアウター2本、その他付属品

のアンバランスな袋詰めになっています。

ケーブルに風変わりなところはありません。
アウター(かアウターのエンドキャップ) はシマノよりも少し太いみたいです。
アウターのエンドキャップをつけると、
ブレーキキャリパーのアウター受けにうまくはまらなくなりました。
仕方ないのでエンドキャップ無しで使っています。

インナーケーブルの太さは確認していないですが、
もしインナーが同じ太さなら
アウターだけシマノ用を使う方が良いかもしれません。

とりあえず今は付属していたケーブルを使いますが、
取り換えの時期には少し探求してみましょう。






ちなみに、インナーケーブルは
シマノが1.6mm、SRAMが1.5mm。
SRAMの方が細いんですね。
シマノのインナーケーブルがSRAMでも使えるのかどうか、
これも確認してみたいところですが、
それもまた交換時期に試してみます。


次回

次回はeTapの要、ディレーラー編です。




SRAM RED eTAP の導入 目次

その1 購入編
その2 シフター編
その3 ディレーラー編
その4 付属品と追加品編
その5 組み付け編


スポンサーリンク



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。